福岡 グルメ・スイーツ・観光スポット特集

福岡市天神名物?デパート商戦が面白い

福岡市は、九州一の都市ですが、都内と違って市の中央部にある天神という繁華街1カ所だけが主たるもので、繁華街の分散がありません。それに加えて、市内と市街地を結ぶ路線バスも、全てが天神を経由する運行ルートになっていて、天神への昼間人口の集中に拍車をかけています。


そんな天神には、福岡市の誕生と時を同じくするような老舗の岩田屋、もともとは博多駅に近い所にあったのですが、人口が集中する天神へと進出してきた大丸、満を持して乗り込んできた三越と3つのデパートが、狭い天神地区で、文字通り軒先をくっつけるようにして商戦を繰り広げています。


さらに、九州新幹線の開通ととともに、井筒屋デパートが撤退した後に、関西の雄、阪急デパートが出店し、天神への一極集中型から、天神、博多駅、への二極型へと変化しつつあります。


冬の天神地区の名物で、集客力も半端でないクリスマスイルミネーションも、博多駅地区も負けじと年々イルミネーションの規模が拡大し、地元のテレビ局がワイドショーで中継することもあって、集客力アップ。もう一つの冬の名物クリスマスマーケットの規模は、逆転しそうな勢いです。そんなあの手この手の商戦を繰り広げながら天神VS博多駅のデパート商戦が、今、おもしろいのです。


人気の北海道展を老舗岩田屋が行えば、負けじと、三越、大丸が大北海道展開催、それが終わる頃には、阪急が北海道うまいもの市、何はともあれ、消費者には、うれしい4大デパート商戦合戦なのです。

DATE:2017/07/20

Pickup記事

記事一覧